2013年01月20日

OpenWrtのコンパイルについて

去年の年末に、BuffaloのWHR-G301NAを購入して、OpenFlowを使うためにFirmwareを書き換えてみました。
WHR-G301NAでOpenFlow

しかし、部屋のネットワーク環境の問題からFirmwareの設定を変更したくなり、OpenWrtをソースからコンパイルして自分の環境に合わせた自作Firmwareを作ってみることにしました。

以下は調べたOpenWrt関係のメモ


まず、OpenWrtのメインサイトで、いろいろと調べてみました。
OpenWrt

すると対応ハードウェアの一覧のページを見つけました。そこには、いろいろなメーカーの名前と一緒にBuffaloの名もありました。そこでBuffaloの箇所を見ると、WHR-G301Nがありました。
Table of Hardware

次にソースの入手方法と、コンパイル関係の情報を調べてみました。すると、OpenWrt development centerというサイトが見つかり、ここに開発関係の情報がありました。
OpenWrt development center

そこにソースの入手方法や、コンパイルについて詳しい情報がありました。
​Developer and User Documentation

ただ、情報が細かいので、もっと分かりやすくまとめているサイトが無いかと調べてみると、以下にありました。
OpenWrt Development Guid

これでソースのディレクトリ構成などの概要が分かったので、他の日本語サイトなどを参考にして、trunkのソースからのコンパイルしてみました。すると、あっさりとWHR-G301N用のコンパイルが成功しました。
OpenWRT のクロスコンパイル環境構築のまとめ

とりあえず、今日は時間が足りないので、明日以降にWHR-G301N実機での動作確認と、OpenFlowの組み込みをやっていこうと思います。


その他
去年の年末に購入したWHR-G301NAですが、これはWHR-G301N + ソフトのようです。
バッファロー WHR-G301NA とWHR-G301Nは何がちがうんですか? 教えてください。(Yahoo!知恵袋)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61611732

この記事へのトラックバック