2012年01月26日

JETROの中国コンテンツビジネスレポート 2011年度(3)

JETRO(日本貿易振興機構)の中国コンテンツビジネスレポートというもの見つけたのでメモ
中国コンテンツビジネスレポート 2011年度(3)(2011年11月)


どうも四半期ごとに調査した結果を公開しているようです。上記のリンク先の下側に、第1四半期、第2四半期のリンクもあります。

最新のは第3四半期のレポートのようです。
中国コンテンツビジネスレポート 2011年度(3)(654KB):PDF


このPDFを見てみると、2010年の中国のオンラインゲーム市場は約4000億円と書かれていて、想像していたのより、かなり大きい市場のようです。そういえば以前、ネットカフェでオンラインゲームをする中国の若者を、テレビで見たことがあります。その時は一部のマニアだけだろうと思っていましたが、どうも違うようです。

さらにレポートには2014年までの市場規模の推移の予測がありますが、まだ伸びると見ているようです。

さらに見てみると、市場のシェアは騰訊(テンセント)という企業がトップのようで、2010年度全体では約30%のシェアだそうです。

レポートの2011年度第2四半期の企業収益を見てみると、騰訊が大きく二位以下を大きく引き離してトップに立っています。
1位: 騰訊  45.0億元
2位: 網易  15.0億元
3位: 盛大  13.6億元


その他いろいろデータがありますが、興味を引くのはモバイルゲーム市場規模のデータです。そこで見てみると、2011年第2四半期の市場規模は9.8億元で、オンライゲームに比べるとまだまだのようです。

最後に
人民網日本語版の記事によると、米国の調査機関パール・リサーチが、中国のオンラインゲーム市場は2011年中に日本を抜いてアジアトップになると予想したそうです。
中国オンラインゲーム市場 日本を抜いてアジアトップに
posted by jun1 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53302932

この記事へのトラックバック