2007年08月27日

CentOSでのデバッグ版firefoxのbuild

必要なツールのインストールを行ったあと、firefox2.0.0.6のソースを展開してディレクトリmozillaに移動し、以下のようなファイル”.mozconfig”を作成します。
mk_add_options MOZ_CO_PROJECT=browser
mk_add_options MOZ_OBJDIR=@TOPSRCDIR@/obj-@CONFIG_GUESS@
ac_add_options --enable-application=browser
ac_add_options --disable-optimize
ac_add_options --enable-debug
ac_add_options --enable-shared
ac_add_options --disable-tests
ac_add_options --enable-default-toolkit=gtk2


その後、以下を実行します。
# ./configure --disable-installer
# make

注意
  • configureで Error --enable-application=API ... といエラーが発生する場合は、ac_add_options --enable-application=browserが指定されていません。



  • 参考サイト
    Build Document
    http://developer.mozilla.org/ja/docs/Build_Documentation

    Linux Build Prerequisites
    http://developer.mozilla.org/ja/docs/Linux_Build_Prerequisites

    Windows用のデバッグ版の作成
    http://developer.mozilla.org/ja/docs/Gecko_hacking_tutorial
    posted by jun1 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | firefox
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/5233511

    この記事へのトラックバック