2011年04月29日

WindowsとLinuxで同じRakefileを使用する

開発マシンがWindowsで、本番サーバーがLinuxということは良くあります。そのような場合、データベースの作成や修正にWindowsではバッチファイル、Linuxではシェルスクリプトを使っていました。

しかし、WindowsとLinuxにRubyがインストールされていればRakeが使用できるので、RakefileをWindowsとLinuxの両方で動作するように書けば良いと思い、作ってみました。

サンプルRakefileの解説のページ

また、どうせ作るならrailsのRakeのコマンドに似せようと思って似たコマンドにしています。

サンプルRakefileの実行例
$ rake mydb:create
$ rake mydb:migrate
$ rake mydb:drop

注. データベースだけならRailsの機能を利用する方法もありますが、AmaterasERDで作成したDDLをそのまま使用したかったのでこのようにしています。
posted by jun1 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44632236

この記事へのトラックバック