2011年02月26日

VMware ESXi 4.1でSNMPを有効にする

ネットで調べるとESXi のSNMPは vSphere CLIから有効にできるということで、vSphere CLIをインストールしました。そしてコマンドを実行すると以下のようにエラーになります。
C:\Program Files\VMware\VMware vSphere CLI\bin>vicfg-snmp.pl --server 192.168.24.15
-c public
Enter username: root
Enter password:
Changing community list to: public...
Failed : fault.RestrictedVersion.summary

調べてみると、どうも設定ファイルを直接編集する必要がある(?)ようです。
ESXi 4.1 SNMP (vmware comunity)
ESXi で snmp を有効にする(cles::blog)


そこでESXiにSSHでログインして、以下のファイルを修正してサービスを再起動しました。
SNNPの設定ファイル: /etc/vmware/snmp.xml

サービスの再起動
~ # services.sh restart
Running sfcbd-watchdog stop
Running usbarbitrator stop
watchdog-usbarbitrator: Terminating watchdog with PID 19081
usbarbitrator stopped.
・・・・
・・・・
usbarbitrator started.
Running sfcbd-watchdog restart

サービスが再起動したので、CentOSからsnmpwalkで試してみたら、取得に失敗します。
# snmpwalk -v2c 192.168.24.15 -c public .1
Timeout: No Response from 192.168.24.15

さらに、vSphere Clientからの接続もできないようになりました。
vSphere-Client-error.png

SSHの接続はできるので、先ほど変更した snmp.xml の中身を確認すると、
true を ture にしていました。そこで修正してサービスを再起動すると今度はsnmpが有効になりました。

/etc/vmware/snmp.xml の修正前
<config>
<snmpSettings>
<enable>false</enable>
<communities></communities>
<targets></targets>
</snmpSettings>
</config>

修正後
<config>
<snmpSettings>
<enable>true</enable>
<communities>public</communities>
<targets></targets>
</snmpSettings>
</config>

snmpの確認
# snmpwalk -v2c 192.168.24.15 -c public  .1
SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: VMware ESX 4.1.0 build-260247 VMware, Inc. x86_64
SNMPv2-MIB::sysObjectID.0 = OID: SNMPv2-SMI::enterprises.6876.4.1
DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (5291300) 14:41:53.00
SNMPv2-MIB::sysContact.0 = STRING: not set
・・・・
・・・・
SNMPv2-SMI::enterprises.6876.3.5.2.1.7.4 = STRING: "00:1f.5"
SNMPv2-SMI::enterprises.6876.3.5.2.1.7.4 = No more variables left in this MIB View
(It is past the end of the MIB tree)


posted by jun1 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43601223

この記事へのトラックバック