2011年02月15日

ProLiant ML110 G6 と VMware ESXi 4.1(メモリ増設)

これまでML110を、ESXi4.1が動作する最低限のメモリ2Gで動かしていましたが、やっとメモリを買うことができました。ML110 G6のメモリはDDR3-1333 Unbuffered ECC で、取り扱っている店が少なく、また暇もなかったので、この土曜日まで伸びてしまいました。

買ったメモリはKingstone の KVR1333D3E9SK2/8G で、4G x 2個 = 8G になります。これでメモリはトータル10Gになりました。

購入したのは以下の店です。
パソコンショップ アーク

Unbuffered ECCの 4Gx2 のメモリは SanMaxかKingstoneの2つありますが、今回はKingstoneにしました。2GだとElpida製のチップを使ったものもあり、迷うところですが、4GはチップがどちらもHynixだったので、以前買って問題がなかったと理由でKingstoneに決めました。
KVR1333D3E9SK2/8G

メモリを手に入れて、さっそく増設して電源を入れると、電源投入時のうるさい音が一向に止まらず、画面に何も表示されません。これはやばいと思い、あわてて電源を落としました。念のため増設したメモリ2枚を外し再度電源を入れました。するとさっきと同じ現象で、またあわてて電源を落としました。何か変なことをしたか?と思い、確認していたら、・・・メモリを増設するときにメモリスロットの上を斜めに通った電源ケーブルを外したのを忘れていました。

これはほんとに洒落にならないミスです。終わった!と思いましたが、一応確認してからと思い、外していた電源ケーブルを接続して電源ボタンを押すとモニタにHPの起動画面が表示されました。そのままにしていると、ESXiも無事起動し、仮想マシンも問題なく動いたので、ほっと一安心。

そして本題の8Gのメモリを追加し電源を入れてみると無事動作しました。メモリも10Gが認識しているのでとりあえず一安心。
posted by jun1 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43427351

この記事へのトラックバック