2016年01月11日

screenからtmuxに変更

ソフトウェアデザイン2015年7月を読んでから、休みのときにtmuxを試していました。

仕事でもscreenからtmuxに切り替えようと思っていましたが、tmuxはlibevent 2.x が必要で、仕事で良く使うCentOS 6.x のyumは libevent 1.x だったので、libevent 2.xをどうにかする必要がありました。

そこで、この連休にlibevent 1.x とlibevent 2.x の混在や、ユーザー単位(自分だけ)に libevent 2.xとtmuxをインストールしたりして、いろいろとテストしてみました。

※テストのまとめ
tmux

これでシステム全体には影響せずに、ユーザー単位(自分だけ)で、ライブラリをスタティックリンクにしたtmuxを使うことが可能になりました。

これらからはscreenに替えてtmuxを使っていこうと思います。

※TeraTermでCentOSに接続してtmuxを実行
tmux01.png
posted by jun1 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | OS、仮想環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171744763

この記事へのトラックバック