2014年09月16日

Linux版Oracle 11g XEの文字コードをシフトJISに変更

これまで2回ほどOracleを使っているサイトの改修に関わったことがありますが、どちらもシフトJISでした。
そのため、無料のLinux版Oracle 11g XEの文字コードをデフォルトのUTF-8からシフトJISに変更してみようと、調べてみました。

最初は簡単にできるだろと思っていまいしたが、ネットで調べるとOracle初心者には難しい内容のページばかりでした。しかし、とりあえず変更してみようと思い、いろいろなサイトと新しく買ってきた本を参考に、どうにかシフトJISのデータベース作成に成功しました。

今後、WEB関係でOracleを使用する可能性は低いですが、とりあえずシフトJISへの変更作業をまとめてみました。
Linux版Oracle 11g XE 文字コードをシフトJISに変更
posted by jun1 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103680916

この記事へのトラックバック